情報セキュリティありき グループウェアの利便性

情報セキュリティありき グループウェアの利便性

グループウェアにおける情報セキュリティのコア

グループウェアとは、ネットワーク内にあるコンピュータやその他端末同士で各種データファイルやアプリケーションの共有を行うことができるソフトウェアのことですね。ネットワークに接続された端末さえ手元にあれば時と場所に制限される事なくリアルタイムに必要なデータの呼び出しや操作を行うことができるので現在の企業活動になくてはならないITツールの1つといえるでしょう。個別の端末に専用のソフトウェア等の環境設定をする必要が無いためコストを抑えることができるのも魅力です。ただし、それゆえ情報セキュリティの対策は万全をきす必要があるわけです。個々の端末ではなくネットワーク上のサーバに必要なデータもアプリケーションも載っているということは、そのサーバに障害が発生した場合には全ての処理がストップしてしまう可能性があるからです。従ってこのサーバに対してはこのネットワークのコアとして、厳重なセキュリティを施す事が求められるのです。

そうなると、まず基本となるのがこのサーバにアクセスする権限の管理です。企業内のグループウェアネットワークであれば社員以外にはアクセスできないようにIDで管理するというわけです。さらに社員のポジションや所属部署ごとにアクセスする事ができるデータの分類を行えばより内・外的な要因からの情報流出を防止する効果も期待できます。また、例外的に社外の人物がアクセスする場合にはゲストIDとして権限を制限したIDを作成しておくと良いでしょう。

おすすめ!

Copyright (C)2017情報セキュリティありき グループウェアの利便性.All rights reserved.