情報セキュリティありき グループウェアの利便性

情報セキュリティありき グループウェアの利便性

グループウェアを使いこなして情報セキュリティを守る

集団での業務を円滑に進めるために便利なグループウェアですが、集団で使うというだけあって管理が大変なのではないかと思われる人もいるかと思います。確かに、一つの情報セキュリティを守るよりも人数が増えたときの方が管理は難しくなるのが普通ですね。もしかしたら把握しきれていない欠陥があるかもしれませんし、集団に混ざって情報を盗みやすくなってしまうかもしれません。では、どうすれば集団で使われるこのグループウェアというシステムを安心して使うことができるでしょうか。これは、一ヶ所で情報を管理する情報の一元管理という方法が安全です。しっかりとした管理会社による一元管理ならば、情報がバラバラになることもないので厳重に管理することができます。

また、社内の情報が漏れる原因として多い、機密文書のコピーなどによる持ち出しを防ぐ方法としては外部に持ち出したデータは自動的に消去されるなどのシステムを使う方法もあります。USB機器などを社外に持ち出すなど社員自身が不正を働いて情報が漏れるということの対策には、専用のパソコンとそれに対応したUSBを刺さないと、ファイルを開くことができないようにするなどの対策が有効です。これらの情報も一つ一つバラバラに管理されているのでは不便で使えないですが、こういった管理も一元化することができれば有用性も壊さずにセキュリティレベルを上げることが可能です。グループウェアとセキュリティ管理を使いこなして安全なIT環境を作りましょう。

おすすめ!

Copyright (C)2017情報セキュリティありき グループウェアの利便性.All rights reserved.