情報セキュリティありき グループウェアの利便性

情報セキュリティありき グループウェアの利便性

グループウェアに情報セキュリティシステムを組み込む

最近では国内だけではなく、海外企業とも業務提携をはかるところも増えてきました。その分事業規模は大きくなり、大きな仕事をすることが可能になります。そんななかで難しくなってくるのが企業間での情報のやり取りです。社内だけでも大変だった情報のやり取りが、こうした広範囲にわたる業務提携によりますます難しくなります。今ではインターネットもありますから、何かとメールなどでのやり取りは簡単に行えますが、全社員に把握させておきたい内容などは掲示板などの形で提示する方が簡単ですよね。しかし、公の掲示板では情報セキュリティ上の問題が浮上してくるかもしれません。企業の情報のやり取りが簡単であるということは、それだけ外部からも覗き見しやすい状況にあると言えるからです。このように考えると簡単さとセキュリティを備えた仕組みが欲しいところですが、それを実現してくれるのが情報セキュリティシステムを組み込んだグループウェアだと言えます。

グループウェアにはワークフロー、カレンダー、ToDoリストなどが掲示板の形で全社員に提示することができます。これは公のシステムとは違って自社内で扱えるシステムですから、情報セキュリティ性も兼ね備えていると言えます。また、さらに情報セキュリティを強くするために、データの持ち出しを不可能にするなどのシステムを組み込むことができるものもあるようです。グループウェアには情報を見やすくしたり操作が簡単だったりと便利な点が多いです。

おすすめ!

Copyright (C)2017情報セキュリティありき グループウェアの利便性.All rights reserved.