情報セキュリティありき グループウェアの利便性

情報セキュリティありき グループウェアの利便性

情報セキュリティも安心なグループウェアでワークフローを提供

ワークフローはエンジニアには特に必要なツールですよね。それもチームを組んで行うような大きな作業ともなると、その内容を把握しておかなければならない人数は増えるはずです。エンジニアだけではなくて営業との兼ね合いもあるかもしれませんし、顧客との納期などの兼ね合いも入ってくるでしょう。共有できるカレンダーやToDoリストも便利なものですが、こういったアプリは一つ一つ分かれている場合が多いので、これらを一つにまとめて、さらに視覚的なワークフローという図の形で共有できた方が効率的ですよね。エンジニアの効率化をはかるためのツールとしても使えるのが、グループウェアです。グループウェアは大企業になればなるほど活躍の場が増えそうですが、どんな規模の企業でも効率アップには最適なツールだと思います。

ワークフローで視覚的に仕事の内容を見えるようにすることで、自分たちがどの段階にいて、この先どのくらい道のりがあるのか、結果として求めるものは何かということが把握しやすくなります。このフロー図は、必要になる人だけが閲覧を許されるように設定しておけば、部外者に情報が漏れてしまうという情報セキュリティ上の欠点もカバーすることができます。最近ではずいぶん色んなグループウェアのソフトが増えてきているようなので、視覚的で必要に応じて簡単に情報が閲覧しやすい製品を選ぶと良いでしょう。仕事の効率を上げるためにも、こういうツールを上手に取り入れていきましょう。

おすすめ!

Copyright (C)2017情報セキュリティありき グループウェアの利便性.All rights reserved.